東京入国管理局

入国管理局 川崎(東京入国管理局川崎出張所)【ご案内】

入国管理局 川崎

神奈川県川崎市麻生区上麻生1-3-14 川崎西合同庁舎

 

ビザ申請代行サービスはこちら>>>

入国管理局 川崎 へ申請するデメリット

「首席審査官」が置かれていない出張所です。

地方入国管理局組織規則(最終改正:平成26年3月28日法務省令

第11号)によると、東京入国管理局川崎出張所には、首席審査官が

置かれておりません(20条参照)。

 

東京入国管理局川崎出張所で受理した申請は、通常、横浜支局で許否

を判断していると考えられており、したがって、横浜支局や品川本局

へ申請するよりも、取次ぎの日数分、審査が遅くなるケースが多いよ

うです。

入国管理局 川崎 へ申請するメリット

駅前にあるため、待ち時間を有意義に使うことができます。

品川入国管理局、横浜入国管理局、立川入国管理局、埼玉入国管理局、

以上4つの入管は、駅前からバスに乗るなどして、かなり街中からは

ずれた立地にあり、待ち時間に買い物をしたり、といったことができ

ません。

これに対して、川崎入管は、小田急線新百合ケ丘駅から徒歩5分程度

に立地しているため、待ち時間に買い物をしたり珈琲を飲んだりと、

時間を有意義に利用できます。

お客様の在留資格がぞくぞくと許可されています!

入国管理局 川崎

配偶者ビザのノウハウ満載!

結婚ビザ

川崎の入国管理局へ配偶者ビザの申請をお考えの方は、配偶者ビザの専門サイトで情報収集!>>配偶者ビザ

就労ビザのノウハウ満載!

就労ビザ

川崎の入国管理局へ就労ビザの申請をお考えの方は、就労ビザの専門サイトで情報収集!>>>就労ビザ


入国管理局 川崎 コラム

毎日大量にビザ申請のご依頼を処理している弊事務所の経験からすると、

川崎入国管理局(東京入国管理局横浜支局川崎出張所)のメリットは、

もうひとつあるように思います。

それは、申請を受け付ける方が、入管の職員さん(国家公務員)である

こと。

一方、品川の入国管理局で受理の為にカウンターに座っていらっしゃる

方は、民間に委託された委託先の方なので実は公務員ではありません。

つまり、品川入管で受理されたとしても、その申請には、入管に勤務す

る公務員の方のチェックはまだ一度も入っていない状態ですが、川崎入

管の場合は、受理の際に、一度公務員の方のチェックが入っています。

許否の判定がかなり厳しくなることが予想される申請の場合には、川崎

入管の場合、その方向性や見通しを、入管職員の方から直接お聞きでき

るケースがあり、それは申請側からすると品川入管には無いメリットと

言えるでしょう。